積み木

賃貸経営をするなら|家賃保証サービスを利用するのが最適

活用するメリット

つみき

部屋を借りる際に、連帯保証人の代行をしてくれるのが、家賃保証会社です。そして、借家人が家賃の滞納した場合に、代わりに家主に支払ってくれる役割もします。家主にとっても家賃の不払いのリスクを減らせるメリットがあります。

家賃を保証するサービス

ウーマン

第三者を利用することで家を借りやすくなる、家賃保証というサービスが注目されています。近年は収入の関係などから連帯保証人を用意することが難しくなっているため、借主貸主双方にこのサービスへの需要が高まっているのです。

不動産投資のリスクを軽減

女の人

不動産投資は株投資よりもリスクが小さく、安定した家賃収入があるので人気です。唯一のリスクは空室の発生です。空室が出ると家賃収入が途絶えます。その対策として利用したいのが家賃保証制度です。マンションなどは管理会社に管理を委託しますが、その時に家賃保証の契約を結びます。空室が出た時に補償してくれます。

賃貸経営の家賃滞納対策

婦人

2通りの対策があります

不動産を利用して賃貸経営を行いたいけれど、入居者が家賃を滞納したりあるいは、空室が出たりするのが心配という人もいます。そのような場合には、家賃保証を請け負ってくれる業者に依頼すると便利です。家賃保証というのは、入居者が家賃を滞納した場合にその分を立て替えてくれるシステムです。立替えの後は入居者に対して督促をすることになりますが、これは会社の方でやってくれます。仕組みとしては、入居の際にまず審査が行われます。それに通ると入居者が手続きを行い、保証料を払うことになっています。保証料は会社により様々ですが、もし入居者を増やしたいのであれば、保証料があまり高くない会社の方がお勧めです。入居する側としても連帯保証人を頼まなくていいわけですから、それなりに希望者はいます。しかし、「保証料の負担が少ない方が入居希望者は当然多くなります。それから、空室の心配がある場合はサブリーズを利用するといいでしょう。サブリースは家賃保証のみならず、空室保証もやってもらえます。ですから、常に何室か空室があって困っている時はサブリースにすると、空室分の家賃も保証してくれます。ただしこの場合は、会社が物件を借り上げますので、更新料や敷礼金は会社の収入になります。ただし、あまり滞納が多かったり、あるいは空室が多いなどで会社側の負担が増える場合は、家賃の見直しを検討しなければならにこともあります。その他に物件によっては家賃保証はともかく、サブリースまで行う必要がないこともありますので、まず物件の特性を見たうえでどちらを選ぶか決めるといいでしょう。