男性

賃貸経営をするなら|家賃保証サービスを利用するのが最適

家賃を保証するサービス

ウーマン

家賃保証とは、家を借りる際に求められる親族などの連帯保証人に代わって、第三者が連帯保証人になるサービスのことです。家賃保証サービスの需要は、年々高まっています。なぜ家賃保証サービスの需要が高まっているかというと、連帯保証人を用意しにくくなったからです。基本的に、連帯保証人というのは、借り主の親族がなります。しかしながら、近年では核家族化が進行していることもあって、連帯保証人のなり手の数が減っています。生涯未婚率も右肩上がりで推移している昨今、独身の高齢者の数も増え続けていることから、家賃保証サービスの需要が高まっているのです。また、近年では非正規雇用などの収入が不安定な人も増えているため、家賃を払うという借り主に課せられた責任を果たすことができない人も増えています。そのため貸し主側は、家賃の取りっぱぐれを未然に防ぐために家賃保証サービスを利用するというわけです。その結果として、家賃保証の利用件数や保証料収入は軒並み増え続けています。家賃保証サービスを利用することによって、貸し主は家賃の滞納リスクを大幅に軽減することが可能です。その際には、リスクがゼロになるわけではないという点に注意しておくと良いでしょう。通常の連帯保証人は個人ですが、家賃保証会社は団体なので、家賃が懐に入る可能性は高いと言えます。家賃保証というサービスは、借り主にとっても貸し主にとっても、非常にメリットが大きいサービスなのです。