男性

賃貸経営をするなら|家賃保証サービスを利用するのが最適

活用するメリット

つみき

借家人と家主の両方の立場

部屋を賃貸している人の連帯保証人の代理者になってくれるのが、家賃保証会社の業務です。仮に、家賃の支払いが滞った場合は、借家人の代行として、家主に家賃の支払いをします。しかし、家賃保証会社は家賃の建て替えを行っただけで、後日、必ず借家人から家賃保証会社へ支払いを行う必要があります。借家人が家賃保証会社を利用する場合、最初に保証料の支払いが義務付けられています。保証料は、賃貸期間に応じて違いがありますが、一般的には2年契約における初回保証料が1万円から3万円となっています。また、家賃の30%から70%に設定しているケースもあります。そして、家賃保証会社の利用に際しては審査があります。審査基準に関しては、クレジットカードを所有できるだけの信用があれば、不都合なく通ります。しかし、これまでの家賃滞納履歴などは審査の対象項目に含まれます。家賃保証会社を利用することは、家主の立場からも都合が良い点があります。これまで円滑に家賃回収ができていましたが、リーマンショック以降の不況によって、家賃滞納者が増える結果を招きました。家賃回収は賃貸経営において必須ですから、このような社会状況により、家賃保証会社の役割が高まっているのです。借家人が親類や知り合いに連帯保証人を依頼できないケースや、一人暮らしの高齢者や外国人滞在者等で連帯保証人がいないケースに活用できるサービスです。また大家さんとしては、家賃滞納のリスクを減らせるのが大きな利点です。