男性

賃貸経営をするなら|家賃保証サービスを利用するのが最適

不動産投資のリスクを軽減

女の人

空室が出た時の不安を解消

比較的安全でリスクが少ない投資は不動産投資です。株などは暴落すると株券は紙切れ同然になってしまいます。不動産投資の場合は最悪でも不動産という資産を手元に残すことができます。株のように大きく儲けることはできませんが、毎月の家賃収入を得られるのでコツコツと長く資産を積み上げることができます。アパート経営やマンション経営でのリスクは空室が出ることです。空室が出ると家賃収入が途絶えるからです。不動産投資の唯一のリスクといえる空室対策として有効なのが家賃保証という制度です。主にマンションなどは専門の管理会社に管理を任せますが、その時に家賃保証のある管理会社と契約を結ぶのです。家賃保証の契約を結ぶと、もし空室が出た場合に管理会社が家賃分をオーナーに支払ってくれるのです。しかも入居者の募集から入居手続きなども全て管理会社が行います。家賃保証制度を利用すれば、オーナーは空室の心配をしなくてもすみます。入居者の確保にあくせくする必要がなくなるのです。このような家賃保証を利用する時は、家賃収入の20パーセントぐらいを管理会社に支払うことになります。また管理会社の方では家賃収入制度を適用できるかどうか、事前にマンションについて調査を行います。立地条件や入居状況が悪い場合は家賃補償制度が適用されないケースもあります。家賃保証を利用する場合は契約書をしっかり確認することが大事です。特に更新の時の条件をよく把握しておくようにします。